僧帽弁閉鎖不全症、アジソン病、慢性腎不全、肝不全と闘ったセナ♀14歳は2016.6.20虹の橋へ。
はじめましての方へ・病歴等まとめ
2015年09月22日 (火) | 編集 |
はじめまして。
うちのわんこはセナといいます。年中ショートカットですがパピヨン女子です。
若い頃は病気とは無縁でしたが、2014年4月2日に12歳になった頃から、体調に大きな変化が表れました。

    ~主な病歴と症状~

2014年4月末、後脚が小刻みにプルプルガクガクして立っていられない状態に。
しかし血液検査の結果は正常で、いったいなんなんだ?老化か?ロコモか?という感じ。

2014年6月初め、いきなり吐血。コーヒーやチョコレートドリンクのような色で、血の匂いがした。夜だったが即病院へ。

 ◆『胃潰瘍』と診断される。
 腎臓病が元にあって悪化したため胃に来たと思われるが、歯周病の治療に短期間だけステロイド薬を飲んだので、その副作用もあるのでは?と思えた。

 この時の血液検査で初めて異常が現れた。BUN55。

 ◆『慢性腎不全』と診断される。
 体から老廃物をうまく出せなくなり、老廃物が溜まって、気持ち悪くなり、食べられなくなり、嘔吐する。
胃酸過多、胃炎、胃潰瘍になったりも。

 通院での皮下点滴と注射を選択、やがて嘔吐と吐き気は治まり、BUNは41に下がった。
が、ベスト体重2.75kg→2.4kg→2.2kgと激痩せ。
ご飯は、療法食に変更。
 (ロイヤルカナンの腎臓サポート缶詰とスペシフィックのウェットCKW)
治療は、ホモトキシコロジーの注射を選択、定期的に打つことに。


2014年6月28~29日、嘔吐4回、その後、
フラフラでまともに歩けない。まっすぐ歩きたいんだろうけど、トットットっと曲がって行ってしまう。首もまっすぐ上がらない感じ。そして腰砕け状態に。
見るからにヤバイ。バスタオルでくるんで病院へ。

 ◆『小脳梗塞』と診断される。
 腎臓が悪いため、麻酔回避でMRIは撮れない。
なぜ分かったかと言うと、先生が愛犬の小脳梗塞を直近に経験していたから。症状や歩き方等から判断された。

 脳梗塞は、発症直後の症状が一番キツいみたい。幸い軽かったこともあり、その後まっすぐ歩けるようになる。
後遺症なのか、それ以降、立ってじっとしている時には後脚~お尻がカクっとなる。
 この頃、(一時的だったけど)ドッグフードを完全拒否したので、人間のご飯をおじや風にしたりして食べさせた。
体重は2.1kgまで減ってしまった。


 それから1年、体調の波はそれなりにあったけど、まあまあ元気に暮らしていた。
 体重は、だいたい2.35kg~2.55kgくらいで、痩せてはいるが、踏ん張っている。



年が替わって、
2015年5月30日、聴診器で「心雑音がある」とのことで、超音波検査(エコー)をした。

 ◆『僧帽弁閉鎖不全症』と診断される。
 画像を見てみると、心臓内の弁がしっかり閉じ切らず、最後ひょよよ~とヒラヒラする感じ。そうなると、送り出すべき血液が逆流してしまうそう。
悪化すると心臓が頑張りすぎて肥大し、肺にも悪影響が及ぶので、出来るだけ進行を抑えるよう、投薬開始。(ACE阻害剤 バソトップ)


2015年7月~、目やにがどっちゃり出るようになる。

 ◆『結膜炎→角膜炎』と診断される。
 ホモトキシコロジー目薬で対応していたが効かないので、眼軟膏に変更、目やには段々減ってきた。
が、黒目に沈着したシミは治らないらしい。もうハッキリは見えず、「すりガラス越し」に見えてるような状態だそう。これ以上悪化しないように様子を見る。


2015年12月1日、ふらっふら状態になり、尻餅をつくようになる。意識朦朧。
血液検査をしたら、血糖値が28という異常低値、それと炎症を示すCRPが5.8もあり、アンモニアが88と高め。
インスリノーマ(すい臓癌)か?肝硬変か?の追加外注検査をする。
結果、総胆汁酸が40.8とかなりの高値と判明。

 ◆『肝不全』と診断される。(12/5)
 インスリンは低値だったので、インスリノーマではなかった。
が、肝臓の機能が低下しているのは間違いないとのこと。
治療は、ホモトキシコロジー肝臓用も追加してもらって定期的に注射することに。

血糖値は再検査で58だったがまだ低い。
対策として、ご飯の回数を増やし、ミルクや軽食などで、糖分をちょくちょく補給することにする。発作的な低血糖の時は、とにもかくにも「ぶどう糖」を口に入れ急場をしのぐ。


2015年12月28日、先生が疑っていたアジソン病のACTH刺激試験をする。(外注)
年末ギリギリ間に合わせて頂き、コルチゾール平常時、注射後ともに0.2未満という結果。

 ◆『アジソン病(副腎皮質機能低下症)』と診断される。(12/29)
 一生涯ホルモン補充が必要となり、投薬開始。(コートリル、プレドニゾロン)


年が替わって、
2016.2.12現在、アジソン病の薬で、うそみたいに食欲と元気が出ました。これが長く続くといいんだけどなぁ~。
心臓病のほうは悪化していて、薬が2種類(バソトップ、ピモベハート)に増えてしまいましたが、まだまだ踏ん張れそう。



 セナの生きる証を残したいと思って、このブログを始めました♥
 お散歩風景や寝姿などを撮影して、マイペースに記録していきたいと思います。



          この記事、長すぎでしょ^^; これ以上病気増えないでほしいなぁ。


                                  2015年9月22日 記
                                  2015年12月10日 肝不全追記
                                  2016年 2月12日 アジソン病追記+他少し修正



スポンサーサイト