僧帽弁閉鎖不全症、アジソン病、慢性腎不全、肝不全と闘ったセナ♀14歳は2016.6.20虹の橋へ。
脳梗塞から1年経ちました
2015年06月29日 (月) | 編集 |
ちょうど1年前、セナは脳梗塞になっちゃいました。
去年のブログ記事を読み返してみると、だいぶ動揺していたな~と我ながら思います^^;
当時は、死んじゃうか、良くても寝たきりだと思ってましたから。
覚悟は出来たんだか、出来ないんだか、そうそう出来るもんじゃないよねぇ・・・^^;

そんでもって、痩せてたなぁ。体重2.1kgだったんだ・・・。>>1年前の画像はこちら 今は2.5kgくらい。今も細いけどよくここまで復活したもんだ。

脳梗塞っていうのは、発症直後の症状がMAXみたいで、まともに立てず&歩けず だったんだけど、その後、段々と普通にまっすぐ歩けるようになりました。
再発の可能性アリということだったけど、今んとこ大丈夫
後遺症(?)は、例のカクッとなるやつだけなので大丈夫。>>カクッと動画はこちら

もっとも現実を見てみれば、慢性腎不全に、新たに心臓病が加わって、決して本犬の体は大丈夫ではないのだけれど^^;

まーそれはそれでしょうがなーい。

201506senatocake02.jpg
1年間よくがんばりましたで賞!

201506senatocake01.jpg
もひとつおまけにがんばるで賞!

CIMG0225.jpg
「あたしの食べられないもんばっかし。あっかんべぇー。」


スポンサーサイト
脳梗塞の前触れか?
2014年09月09日 (火) | 編集 |
2日前に1度嘔吐したももの、次の日はご飯を食べられました。
今日なんか食欲旺盛、おもちゃで遊んだりもしました。
うん、調子良くなったな って思っていたら、、、

いつもは手から食べていたトマトが食べられない・・・
がんばって食べようと近づくけど、こんな顔(><)になっちゃって、以降、手を嫌がるようになりました。

 なぜ?

以前、病院で聞いた話では、お口の痛みはトラウマになりやすいそうで、食べようとした時に痛みが走ったりすると、同じような状況になると思い出して怖くなっちゃうんだって。
それかなぁ?

 結局トマトはお皿に入れて食べました。

あれれ?今度は歩き方がおかしいよ。

 ・・脳梗塞だ・・

少し様子を見ていたら、あら?だんだん治まっていく感じ。
う~ん、5~6分かなぁ?元の歩き方に戻りました。ほっ。

しかしですよ?
いろんな健康番組で見た、脳梗塞の前触れっていうのに似てるんでないかい?
201409kawaiisena02.jpg
         油断禁物。

排水溝をピョンっと再び
2014年07月21日 (月) | 編集 |
本日の散歩。
20140721sanpo_03.jpg
脳梗塞後、「飛び越えられないよー」と躊躇していた排水溝。またピョンって飛び越えられるようになりました。
先生より「散歩はだらだら~っと30分まで」と言われています。
しっぽが下がって、背中が丸くなった時は、気持ちが悪い時なのでさっさと帰ります。
昨日の朝ご飯は何も食べられず、現在復活中なので、今日は微妙だったかも~。

20140721sanpo_01.jpg
でも可愛いな~。

脳梗塞の後遺症
2014年07月09日 (水) | 編集 |
本日(7/8)通院日。
見た目にはとっても元気な子に、散歩も普通に歩けるようになりました。ここ数日は、食欲旺盛で、もっと食べるもっと食べると言ってくる^^;
 一点だけ、ご飯を食べようとする時に、頭が震え、同時に足の動きがぎこちなくなる・・・
これを先生に聞いてみたところ、「意図振戦」だと言われました。
 調べてみると、、、

◆意図振戦(いとしんせん)とは小脳損傷時にしばしば認められる失調症状の1つで、企図振戦とも呼ばれる。安静時にはほとんど生じないが、運動時、特に運動終了直前に生じる律動的な運動疾患である。頭部や体軸側の抗重力筋において発生が顕著である。

 は~。後遺症なのですと。
小脳梗塞だということをまだ信じられないでいたのに、もう受け入れるしかないようです。
食欲旺盛なのは、「今後食べられなくなる日(腎不全悪化)に備えて、今のうちに食べて体力つけておいたほうがいい」そうです。

体重2.1kg。 最近食べているのにまた痩せてしまった・・・

 本日(7/8)ホモトキシコロジーの注射。通算何本目だろ??
20140706sena_syun.jpg
良くなりますように。
ご飯その後
2014年07月03日 (木) | 編集 |
「ドッグフードは見るのも嫌!気持ち悪っ!」って感じで断固拒否していた時期は過ぎ、少しずつ元のドッグフードも受け付けるようになりました。
ninjiniri01.jpg
人間のご飯、ふやかしたカリカリ、すりおろし人参 で完食。

kyuriiri01.jpg
豚肉少々のお肉スープ、ふやかしたカリカリ+腎臓サポート缶詰、すりおろしキュウリ こっちは残しました。ふやかしカリカリを。量も多かったか。

他に、タラバージョン、とりひき肉バージョンなどを食べました。
腎不全があるので、全手作り食よりは、腎臓サポートメインで+お肉スープ+野菜が私的には安心かな。

 脳梗塞のほうは、後遺症もなく、、、と思ったんだけど、たまに頭が少しゆらゆらする・・・(眼振はなし)。それと足の動きがぎこちない時がたまにあります。

 犬の脳梗塞を調べてるうちに、老犬に多い「前庭疾患」という病気があることを知りました。
慢性腎不全は2日酔いみたいな気持ち悪さ、小脳梗塞は船酔いみたいな気持ち悪さとのこと。前庭疾患も眼振があってかなり気持ち悪くなるみたいですね・・・。
メニエールの既往がある私には、ぐるぐる眼が回る気持ち悪さはよく分かります。
原因や治療法が見つかるといいのにね。

6gatunosena01.jpg
6月のセナ 今より毛が長かった。

ずいぶん良くなりました
2014年07月02日 (水) | 編集 |
脳圧を下げる注射が効いたのか、まっすぐ歩けるようになりました。
走るのはまだ無理っぽいけど、歩ければ上等じゃん。

 実は、先生の愛犬が、今年の1月、3度目の脳梗塞で亡くなった という話を、こうなるもっと前に聞いていました。
最後のほうは、鼻からチューブを入れて、栄養補給をしたんだとか。
その時は、「犬も脳梗塞になるんだー@@」とびっくりしたものだけど、パピヨンは(ショートカットだけどセナはパピヨンなの)、頭の形状からして脳圧が上がりやすい犬種ではあるそうです。もちろんみんながそうというわけではないだろうけど、セナは怒りん坊だから尚更かもしれないなぁ。

  ということは、再発あるかも?・・・  と心の奥に刻んでおく。

先生は詳しかったわけです。すぐ診てもらえてラッキーだったと思って、一時は凹んだ自分を立て直し、出来ることをやっていこうと思います。
 ちなみに話の流れで、「もう12歳。とにかく苦しまなければいい。」と自分の考えはさりげなく(?)伝えておきました。
 先生は、「12歳・・早いな~。あと3年はがんばって生きて欲しいな。」 と。

 おいしく食べられて~、眠れて~、動けて~、痛み苦しみがないなら何年でも~!
続・ご飯
2014年07月02日 (水) | 編集 |
人間のご飯に、たまご焼き少々、ゆでたブロッコリー少々
tamagoyakiiri.jpg
ほぼ炊き立てのご飯は粘度が高く、歯周病のセナには食べにくかったようで、こんなに少ないのに残してしまいました。
たまご焼きは大好物みたいなので、追加してあげました。しかし、体が小さい上に、タンパク質制限をしないと老廃物が溜まって気持ち悪くなってしまうので、ちょっとしかあげられません。

ちなみに、「獣医としてはそのご飯はダメ。バランスが悪い。」とダメ出しされましたが、 「でも、飼い主さん的にはアリだと思う。」と気持ちを汲んでいただきました。

かなりいろんなものが足りない自覚はあります。何も食べないよりはマシ的感覚。
少しずつでも、元の犬用ご飯を食べられるように戻ってくれるといいな。
もしかしたら、手作り食の勉強もしとけよ ってことかもしれない?^^;