僧帽弁閉鎖不全症、アジソン病、慢性腎不全、肝不全と闘ったセナ♀14歳は2016.6.20虹の橋へ。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ずいぶん良くなりました
2014年07月02日 (水) | 編集 |
脳圧を下げる?注射が効いたのか、まっすぐ歩けるようになりました。
走るのはまだ無理っぽいけど、歩ければ上等じゃん。

 実は、先生の愛犬が、今年の1月、3度目の脳梗塞で亡くなった という話を、こうなるもっと前に聞いていました。
最後のほうは、鼻からチューブを入れて、栄養補給をしたんだとか。
その時は、「犬も脳梗塞になるんだー@@」とびっくりしたものだけど、パピヨンは(ショートカットだけどセナはパピヨンなの)、頭の形状からして脳圧が上がりやすい犬種ではあるそうです。もちろんみんながそうというわけではないだろうけど、セナは怒りん坊だから尚更かもしれないなぁ。

  ということは、再発あるかも?・・・  と心の奥に刻んでおく。

先生は詳しかったわけです。すぐ診てもらえてラッキーだったと思って、一時は凹んだ自分を立て直し、出来ることをやっていこうと思います。
 ちなみに話の流れで、「もう12歳。とにかく苦しまなければいい。」と自分の考えはさりげなく(?)伝えておきました。
 先生は、「12歳・・早いな~。あと3年はがんばって生きて欲しいな。」 と。

 おいしく食べられて~、眠れて~、動けて~、痛み苦しみがないんだったら何年でも~!
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。