僧帽弁閉鎖不全症、アジソン病、慢性腎不全、肝不全と闘ったセナ♀14歳は2016.6.20虹の橋へ。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

続・ご飯
2014年07月02日 (水) | 編集 |
人間のご飯に、たまご焼き少々、ゆでたブロッコリー少々
tamagoyakiiri.jpg
ほぼ炊き立てのご飯は粘度が高く、歯周病のセナには食べにくかったようで、こんなに少ないのに残してしまいました。
たまご焼きは大好物みたいなので、追加してあげました。しかし、体が小さい上に、タンパク質制限をしないと老廃物が溜まって気持ち悪くなってしまうので、ちょっとしかあげられません。

ちなみに、「獣医としてはそのご飯はダメ。バランスが悪い。」とダメ出しされましたが、 「でも、飼い主さん的にはアリだと思う。」と気持ちを汲んでいただきました。

かなりいろんなものが足りない自覚はあります。何も食べないよりはマシ的感覚。
少しずつでも、元の犬用ご飯を食べられるように戻ってくれるといいな。
もしかしたら、手作り食の勉強もしとけよ ってことかもしれない?^^;
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。