僧帽弁閉鎖不全症、アジソン病、慢性腎不全、肝不全と闘ったセナ♀14歳は2016.6.20虹の橋へ。
側溝へ落っこちる
2015年11月02日 (月) | 編集 |
いつもお決まりの第1ウンチョス場で、たまたま出なかった時は、
もう少し歩いて第2のウンチョス場でするんだけど、

↓このように↓ 場所も向きもいつも同じ。
aVuA6LQ7jyZ_BrM1446408153_1446409106.jpg

すると、ふらふらして目の前の側溝へ落っこちちゃった(;゜0゜) 
幸いケガはなく、すぐ自力で上がってきたけど、骨折なんかしたら大変だー。

今日は「かったるいから散歩行きたくない」風ではあったんだよね。震えてたし。
でもセナは基本的にウンチョス外派っこ。
それに、認知症予防のためにも外の刺激は必要だよ。

ニオイ、音、風、気温、季節の移り変わりを感じることって大事。

よし、限界が来るまで散歩へ連れ出そう。プチ散歩でもいいからね。
出来ればいつも、足場が安定する第1ウンチョス場のほうで出るといいのにね。


スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
Re: タイトルなし
こんばんはi-179

落っこちたり転がったりって、思ってる以上に足腰が弱ってるんでしょうかねぇ。
それに年をとると我慢ができなくなったり、頑固になったりしますよね。
人間と同じかなぁ。
本当にゆったりと穏やかに過ごしてもらいたいですね^^
2015/11/03(火) 00:19:24 | URL | みい4400 #-[ 編集]
こんにちわ。びっくりしたでしょう。
ダーリンも、ときどき、しっこの時に足を上げすぎて転がってます。
認知症も、心配になりますよね。耳が遠くなって聞こえないだけなのか、興味がなくなったのか判らなかったり、ダーリンは、特に我慢ができなくなってます。お散歩のときはかなり危険で、うんち拾っている間も待てない感じです。とにかく、穏やかに時間を楽しみたいですね。
2015/11/02(月) 10:47:17 | URL | ちびたん #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する