僧帽弁閉鎖不全症、アジソン病、慢性腎不全、肝不全と闘ったセナ♀14歳は2016.6.20虹の橋へ。
また低血糖の発作が
2015年12月12日 (土) | 編集 |
昨晩ですね、ドタン、バタンという音が聞こえたので見に行くと、
セナがブルブル震えながら、尻もちつきながら、よろけて転びながら、
よたよたと歩いていました。

 「低血糖だ」

すぐに例のぶどう糖を口のところにぐいぐいつける。
しばらくするとペロペロ舐めたので、ぶどう糖を追加。
更に、ミルクに入れて飲ませた。

ふ~

  助かった~


今日は病院へGO!
Q7GevGR1qfFeLqy1449928476_1449928672.jpg
 (ここは動物病院の待合室です)
FIgICNXjN_Js3O31449928695_1449928820.jpg

だいたい先日と同じくらいの低血糖だろうから、もう検査はしなくていいや。
肝臓用ホモトキシコロジーの注射だけは打っておこうか。

ZZ5VRwvpGqqEkHv1449928844_1449928908.jpg

SUYI3zsC8SxaVHU1449928928_1449928972.jpg

昨日は晩ご飯も夜食もちゃんと食べたのに、4時間ほどで低血糖になった。
間隔が狭まってる・・

進行が早いのは、腎臓か?心臓か?と思っていたけど、
どうやら肝臓のほうが早いみたい。

進行よ止まれ~

スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する