僧帽弁閉鎖不全症、アジソン病、慢性腎不全、肝不全と闘ったセナ♀14歳は2016.6.20虹の橋へ。
アジソン病かもしれないって?!
2015年12月27日 (日) | 編集 |
本日(12/26)通院デー。
先生が、セナの症状についてあれこれ考えてくれていたそうで、どうもアジソン病の可能性が否定できないようです。

CIMG0864.jpg

アジソン病とは、副腎皮質機能低下症ってやつで、副腎に異常があり、ホルモンの産生・分泌が低下する病気です。いろんな臓器にダメージを与えるようなことも。
症状は腎不全とも似ているし、低血糖にもなるし、診断はなかなか難しいようです。

CIMG0866.jpg

そういえば、去年具合悪くなった最初(2014年6月)の頃、先生言ってたなぁ。
「腎臓病か?アジソン病か?」って。

 今の私としては、弱ってきた13歳にバリバリ治療するつもりはなく、セナの負担になるくらいなら検査も(通院も)やめたいとさえ心の中では思っていて、、、
だけど、苦しませたくないっていうのがやっぱり一番なので、定期通院して最善の注射や投薬を選んでいる。
そうすると、これも白黒はっきりさせないと、最善のケア方法が分からない。

ということで来週検査します。副腎(ホルモン値)の。

 ①病院へ行って採血し、
 ②薬剤注射して一旦帰宅。
 ③30分後、再び病院へ行って2度目の採血。 →外注検査 という流れ。

CIMG0868.jpg

外注検査だから結果は数日後。今年ギリギリ間に合うかなぁ?


    写真は3枚とも、「診察終わった。早く帰りたい。」のセナ。ずっとドアを見てます(笑)

スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
Re: タイトルなし
ダーリンさん、ぐんぐん復活するといいですね。
元気でお正月を迎えて欲しいです!

セナの通ってる所は小さな病院で、ちょっとお高い気はするんですが、丁寧に説明してくれるし、私が結構こまごまと聞くタイプなんだけど嫌がらずに答えてくれます。ありがたいですね。
2015/12/28(月) 23:59:44 | URL | みい4400 #-[ 編集]
クリスマスぐらいから、ダーリン急降下して、やっと復活の兆しが見えそうなところまできました。
セナさんのお医者様は、とても一生懸命してくれて少しうらやましいです。ダーリンの主治医は、食欲がなくても、犬は一週間くらい平気だよって笑ってます。心配性の私にはちょうどいいかもしれませんが。
2015/12/28(月) 19:58:34 | URL | ちびたん #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する