僧帽弁閉鎖不全症、アジソン病、慢性腎不全、肝不全と闘ったセナ♀14歳は2016.6.20虹の橋へ。
発作的低血糖はにおう
2016年02月18日 (木) | 編集 |
低血糖まとめ。

セナがアジソン病の薬を飲み始めたのは12月末。
以来、2ヶ月半、1度も低血糖は起こしていない。
ということは、原因は肝臓ではなく、副腎の機能低下だったということか。

dyVVf9wYPHkGupq1455723115_1455723158.jpg

結局、低血糖でふらっふら状態の時の動画や写真は撮れなかったので(余裕が無く;)、
忘れないうちに、文字で記録しておかねば。

 それがねぇ、「ニオイ」 があったんだよね。
 セナの体から出る、いつもと違うニオイ。
 う~む、、、なんとも説明できないニオイ。
 軽い低血糖の時は、全然気がつかなかったんだけど、
 発作的な低血糖を起こした数回は、確かに同じニオイがした。

FbJBDxrNXlwCYdC1455723175_1455723231.jpg

他の飼い主さんはどうかなぁ?と思って検索してみたけど、
見つけられず・・・。
逆に、飼い主の低血糖に反応するという「低血糖探知犬」が見つかった。

 うちと逆・・・@@;

 人間の私が、犬のセナの低血糖を探知する。(事後だけど)

jELb_PlsKiM1a6A1455722754_1455722819.jpg

どなたか研究して下さい(笑)


  ★なんと!! 2つのランキングに参加してみました。応援して下さる方はポチっとして下さいね。

   1つ目 FC2ブログランキングへ  2つ目 にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活へ  いつもありがとうございます★



スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する