僧帽弁閉鎖不全症、アジソン病、慢性腎不全、肝不全と闘ったセナ♀14歳は2016.6.20虹の橋へ。
セナが死んだ日、母の言葉に驚愕
2016年07月13日 (水) | 編集 |
以前も書きましたが、
セナは亡くなる前、悲鳴と遠吠えが混ざったような長い叫び声をあげました。
びっくりして、すっ飛び起きた私。 と、それに続いた母。
ふたりで、苦しむセナを見守り、声を掛け、なでなでし、看取ったのです。

 その日は、母の敗血症性ショックで入退院後の通院日に当たっていて、
絶対病院に行かなくてはいけない日でした。

なので、セナの亡骸をベッドに寝かし、お水とドッグフードをお供えして、
腫れた目のまま、とにもかくにも母を病院に連れて行ったのです。


 4時間ほどで帰宅すると、母は、セナを見て、

 「セナちゃん、ただいま~♪ あれ?ご飯食べてない!」

 「△▽△~(私の名)、セナご飯全然食べてないよ?」



   ((((;゚Д゚)))))))



         マジか・・・???


 愕然としたのは言うまでもありません。

CIMG0058_20160712235325bf7.jpg
       ★13歳の時のセナです★セナだって車に乗れるんだもん♪

その後、

「セナは死んじゃったんだよ。今朝一緒に看取ったじゃないの;;」 と、何度か説明したら、多分6割くらいは思い出してくれた様子。

私のショックと疲労感が倍増したのは言うまでもありません^^;


  ★ランキングの所属を「闘病生活」から「思い出・ペットロス」に変更しました。
   今後は自分の心を整理するため、しばらくセナの思い出画像を掲載しようと思います。
   応援して下さる方はポチっとして下さいね。

   1つ目 FC2ブログランキングへ  2つ目 にほんブログ村 犬ブログ 犬 思い出・ペットロスへ  いつもありがとうございます★



スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する