僧帽弁閉鎖不全症、アジソン病、慢性腎不全、肝不全と闘ったセナ♀14歳は2016.6.20虹の橋へ。
歯が弱くなりぬいぐるみをぶにゃぶにゃに
2017年01月07日 (土) | 編集 |
母のデジカメに入っていた写真です。
日付は2013年9月となっていましたがちゃんと設定していたかどうかは不明・・・

いつもは写真を撮る側のヒト=私がめずらしく裁縫をしているところ。
と、傍らで 「まだかまだか」 と待ちわびるセナ。
20170107sena01.jpg
何をしていたかというと、
セナのぬいぐるみの綿を、8割くらいですかね、抜き取って、再び縫い直していました。
セナは年を取ってから段々歯が弱くなってきて、綿が詰まったコロンとしたぬいぐるみを咥えることが難しくなったからです。
多分この時、いっぺんに6~7個のぬいぐるみの綿を抜き、ぶにゃぶにゃにしました。

すると、
20170107sena02.jpg
これはヒヨコのぬいぐるみ。ぶにゃぶにゃヒヨコになったら、おおっ!咥えられるようになったよ。

20170107sena03.jpg
もちろん、例のフスマへ直行ですね。

20170107sena04.jpg
ひょいっと♪

20170107sena05.jpg
やっぱり背中へ♪

20170107sena06.jpg
楽しそう♪

 またぬいぐるみで遊べるようになってくれて、ワタシはとっても嬉しかったよ(* ´ ▽ ` *)


  ★心の整理のため、もうしばらくセナの思い出画像を掲載しようと思います。
   応援して下さる方はポチっとして下さいね。

   1つ目 FC2ブログランキングへ  2つ目 にほんブログ村 犬ブログ 犬 思い出・ペットロスへ  いつもありがとうございます★



  ◆人間介護ブログ居眠りおかんもやってます◆
  

スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する