僧帽弁閉鎖不全症、アジソン病、慢性腎不全、肝不全と闘ったセナ♀14歳は2016.6.20虹の橋へ。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

慢性腎不全と言われて
2014年06月26日 (木) | 編集 |
その症状をネットで調べてみると、

当てはまったもの
・寝てばかり(ご飯と散歩以外ずっとzzz)
・体重減少(2.75kg→2.2kg)
・嘔吐(若い頃から3ヶ月に1度くらいあった)
・食欲不振(元々たくさん食べないけど)
・食べ物の選り好み(元々あったけど)

当てはまらないもの
・多飲(変化なし)
・尿の異常(変化なし)
・下痢(なし)

昨年のドッグドックでは腎臓含め全て異常なし。今年(つい先月)も異常なしだよ。

今月頭、吐血した時、BUNオーバー(55)が発覚したものの、Crは正常値。
その1週間後も、BUNはオーバー(41)ながら、Crは正常値。
 (参考:犬の正常値 BUN9.1~31.9、Cr0.5~1.4)

初期で発見できたのか? というと、体重減少があり、そうとも言えないような。

いずれにしろ、腎機能の7~8割は既に失われていると思って、今後の課題としては、残ってる腎機能をどれだけ長持ちさせていくか ってことになりますかね。
2014050317550000.jpg
腎臓もお花も長持ちするといい。

スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。